リフォームの見積システムと積算システムの違い

見積書を作成する「リフォーム見積システム」があるように、原価を正確に管理するための「積算ソフト・積算システム」もあります。見積書を作成するうえで、積算は重要なポイント。システムによって、積算の基準・係数を設定するものもあれば、過去の情報からAI技術を活用して設定するものもあります。

ここでは、リフォーム見積システムで知っておきたい積算に関する情報を紹介します。

積算とは

積算とは、図面や書類から必要な材料費、人件費、工事費を積み上げて、工事全体の費用を算出するものになります。

積算にミスがあると、正確な見積書が作れないだけでなく、無駄なコストが発生することもあります。

見積との違いは?

積算は原価となり、見積はお客様に提示する販売価格となります。積算に利益を積み足したものが見積となるため、利益の確保や受注につながる見積書の作成のために重要なものとなります。

積算ソフト・積算システムでできることは?

原価を管理するうえで、建材の情報マスタ登録や図面との連携などができる積算ソフト・積算システム。CADデータとの連携でプラン作成と同時に積算ができるものもあります。

自動計算でミスを軽減でき、作業時間短縮で対応件数の増加リフォーム特有の拾い出しを正確にできることが積算ソフト・積算システムの特徴です。

リフォーム見積システムでできることは?

作成した積算に、掛け率や粗利率で自動的に見積書を作成することができます。部分リフォームでは、選択された商品ですぐに見積書を作成できるものもあります。

システムの登録情報によっては、拾い漏れを防ぐことに優れた工事テンプレートからの減算方式で算出できます。

また、見積書の書式も様々。登録されたテンプレートを活用したり、過去の見積書を読み込んでフォーマット化するなど、システムや仕様によって作成できる見積書も変わってきます。

明細を細かく設定することができるものも特徴のひとつ。見積書の内容によっても受注率が変わってくるため、自社の方針に合わせた見積書を作成できるシステムを選ぶ必要があります。

自社の課題に合わせて見積システムを検討

積算のミスや効率化に課題を抱えている場合は、積算機能を重視して見積システムを検討すべき。

また、リフォーム営業時の見積書作成スピードを重視する場合は、プランや商品を決めながら見積結果が分かるシステムがおすすめ。

すでに導入している管理システムなどがある場合は、外部連携できるかどうかも押さえたうえで、自社に合ったリフォーム見積システムを検討しましょう。

リフォーム営業の課題を解決するおすすめリフォーム見積システム3選

その場で契約まで完結し
即決受注を決めたい

即決革命
即決革命公式HPキャプチャ
引用元:即決革命公式HP(https://www.sokketsu-kakumei.com/)

タイムスタンプ導入の電子契約で見積から契約まで現場で完結。受発注業務の効率化や営業利益の増加

  • 交換系リフォームに特化
  • 電子契約で即決率向上
  • 豊富な書類作成機能

図面イメージも提示し
受注単価を上げたい

せきさん係長
せきさん係長公式HPキャプチャ
引用元:せきさん係長公式HP(http://www.sekisankk.com/)

CAD・プレゼンシステムとの連携。図面を基にしたフルリフォーム提案で単価アップを実現。

  • ワンクリックでCAD連携
  • 図面をもとにした提案
  • 過去データからAIが自動積算

オンライン営業に活用し
商談も効率化したい

イエプロ
イエプロ公式HPキャプチャ
引用元:イエプロ公式HP(https://ie-pro.net/reform/index.php)

オンライン営業時にzoom連携。商談情報のクラウド管理でQRコードからプランシートもその場で共有可能

  • zoom連携で商談効率化
  • QCコードで商談情報を共有
  • 商品情報の変更は自動反映

選定条件
「リフォーム見積システム」でgoogle検索で見つかった30社を調査し、CAD連携ソフト数が多数の「せきさん係長」、電子契約が可能な「即決革命」、QRコード発行機能を搭載する「イエプロ」をピックアップ。(2022年2月3日時点)