ANDPAD(アンドパッド)

「ANDPAD(アンドパッド)」は、数多くの企業が活用するクラウド型の建築・建設プロジェクト管理サービスです。こちらの機能や特徴をまとめています。

ANDPAD(アンドパッド) 画像引用元:ANDPAD(アンドパッド)公式サイト(https://andpad.co.jp/)

ANDPAD(アンドパッド)の機能紹介

ANDPADは、スマートフォンで建築現場との連絡から経営改善までを一元管理できる施工管理アプリです。チャットによるスムーズなコミュニケーションや最新データの閲覧など、スマートフォンでいつでもどこでも確認できます。

チャット機能

現場と事務所とのコミュニケーションを、チャットで共有できる機能です。電話やFAXのように、その日の工程や仕様変更などを、一人で複数の業者に伝えるといった手間が省け、作業管理者の負担を軽減できます。

作業状況の報告にも使えるため、現場から事務所の移動時間の削減も可能になります。

写真・資料管理機能

図面や資料、写真などのデータもANDPADで一元管理できます。クラウドシステムのため、いつでもどこでも確認が可能。データをFAXやメールで送付するといった手間も省けます。

もちろん、紙やエクセルで管理することもなくなり、資料を探す手間も大幅に軽減します。

協力会社との連携を改善したい会社におすすめ

工事を協力会社に依頼することが多いリフォーム会社であれば、案件ごとに電話やFAXなどで連絡するやり取りが大幅に少なくなります。

協力会社とのコミュニケーションを円滑に進められるようになることで、連絡ミスや手戻りといったトラブル防止にもつながるでしょう。

ANDPAD(アンドパッド)の導入事例・口コミ評判

スマホにダウンロードするだけだから導入も容易

リフォーム会社をはじめ、不動産管理会社やゼネコンといった大企業でも導入されている点がANDPADの特徴です。

とりわけ、複数の協力会社とチームで進めているプロジェクトであれば、職人のスマホにインストールしてもらうだけで活用が可能に。導入しやすいことも、ANDPADの魅力です。

※参照元:ANDPAD公式HP(https://lp.andpad.jp/interviews/)

ANDPAD(アンドパッド)の料金情報

基本的な機能のほか、受発注機能や社内タスク管理機能などのオプションが用意されており、利用するサービスによって料金は変動します。このため利用料金は、公式ホームページより見積依頼で確認することになります。

初期費用10万円+月額費用+オプション費用
※初期費用:初期登録作業やご担当者様へのレクチャーなど
※月額費用、オプション費用:プランによって異なります。詳しくはお問い合わせください

ANDPAD(アンドパッド)のスペック・仕様

公式ホームページでみつかりませんでした。

会社概要

販売会社 株式会社アンドパッド
本社所在地 〒101-0022
東京都千代田区神田練塀町300 住友不動産秋葉原駅前ビル8F
資本金 63億593万円
従業員数 595名
事業内容 「ANDPAD」や電子受発注システム「ANDPAD受発注」を開発・提供など
公式HP https://lp.andpad.jp/
電話番号 03-6831-4551
リフォーム営業の課題を解決するおすすめリフォーム見積システム3選

その場で契約まで完結し
即決受注を決めたい

即決革命
即決革命公式HPキャプチャ
引用元:即決革命公式HP(https://www.sokketsu-kakumei.com/)

タイムスタンプ導入の電子契約で見積から契約まで現場で完結。受発注業務の効率化や営業利益の増加

  • 交換系リフォームに特化
  • 電子契約で即決率向上
  • 豊富な書類作成機能

図面イメージも提示し
受注単価を上げたい

せきさん係長
せきさん係長公式HPキャプチャ
引用元:せきさん係長公式HP(http://www.sekisankk.com/)

CAD・プレゼンシステムとの連携。図面を基にしたフルリフォーム提案で単価アップを実現。

  • ワンクリックでCAD連携
  • 図面をもとにした提案
  • 過去データからAIが自動積算

オンライン営業に活用し
商談も効率化したい

イエプロ
イエプロ公式HPキャプチャ
引用元:イエプロ公式HP(https://ie-pro.net/reform/index.php)

オンライン営業時にzoom連携。商談情報のクラウド管理でQRコードからプランシートもその場で共有可能

  • zoom連携で商談効率化
  • QCコードで商談情報を共有
  • 商品情報の変更は自動反映

選定条件
「リフォーム見積システム」でgoogle検索で見つかった30社を調査し、CAD連携ソフト数が多数の「せきさん係長」、電子契約が可能な「即決革命」、QRコード発行機能を搭載する「イエプロ」をピックアップ。(2022年2月3日時点)