工務店のDXの推進について

住宅の建築やリフォームを中心にサービスを提供する工務店。幅広い相談に対応し、業務を効率化するために、DX化が推奨されています。

「DX(デジタル・トランスフォーメーション)」とは、デジタル技術を業務に取り入れて利便性や生産性を向上させる取り組みのことです。

本記事では、工務店の営業効率化を叶えるDX化について、経営や営業に役立つ理由や推進のポイントを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

工務店の営業効率化のためにDXが役立つ理由

生産性の向上とコスト最適化

日本国内の工務店の多くが2024年問題と原材料費の高騰に直面しています。慢性的な人手不足に加えて、原材料費の高騰による経営への圧迫が深刻な問題となっています。

DX化は負担の大きな業務をデジタル化し、人件費の削減や省人化を叶えます。無駄なコストをカットすれば、それ以外のコア業務にコストを振り分けやすくなるでしょう。

本来の業務に集中できる

デジタル技術を活用することで、作業や業務にかかっていた負担を軽減するため効率性がアップします。

DX化によって各種データの収集・分析・管理を自動化できるので、必要な業務に集中できるようになり、作業効率やサービスの質も向上します。

管理・連携がスムーズになる

工程管理や指示出し、必要な情報の周知をデジタル化によって自動化すれば、スムーズな連携と意思疎通が可能になります。

スタッフの作業内容・工程管理・進捗状況を可視化し、全員で確認できるようにすれば、確認にかかっていた時間や手間を省き調整がしやすくなります。スタッフの労働時間や労働環境にも配慮しやすくなるでしょう。

工務店の営業効率化のためにDXを推進する際のポイント

属人化しやすい業務をDX化する

デジタル技術は現場の業務を効率化するだけではなく、ナレッジの蓄積や共有化にも役立てられます。

熟練の職人が有している技術のデータ化や可視化を試み、比較的経験の浅い技術者が参照できるようにするなど属人化の予防に役立てれば、人手不足の解消が可能になります。

単純作業や単純業務を効率化する

どこからDX化すべきかわからない場合は、単純作業や単純業務から効率化しましょう。

DX化の手順や方法に決まりはありませんが、全体の業務の中で誰でもできる業務から効率化していき、変化を確認しながらDX化を進めると良いでしょう。顧客の情報や経理業務の管理のデジタル化が代表的な例です。

アナログからデジタルへ移行させる

株式会社竹中工務店では、24時間体制の現場でも情報共有ができるようにと考え、写真や情報がリアルタイムに共有できるグループトークシステムを導入しました。

昼勤と夜勤のスタッフ同士が情報をスムーズに引き継げるよう、マルチデバイス対応のグループトークシステムを導入し、タイムライン上でのやり取りが残せるようになったため、口頭での引き継ぎが不要になりました。※

この事例のように、アナログ形式でのやり取りをデジタル化することで、業務にかかる負担を減らすことができます。

※参考元:株式会社L is B (エルイズビー)「株式会社竹中工務店の導入事例[前編]」https://direct4b.com/ja/voice/voice-takenaka.html

工務店の営業効率化のためにDXを推進しよう

DX化は経済産業省が旗振り役となり、あらゆる産業・業種で推奨されています。

工務店の業務は現場での施工に加え、あらゆる情報の管理が必要です。デジタルツールやシステムを活用し、負担を軽減して営業活動の効率化に役立ててみてはいかがでしょうか。

リフォーム営業の課題を解決するおすすめリフォーム見積システム3選

その場で契約まで完結し
即決受注を決めたい

即決革命
即決革命公式HPキャプチャ
引用元:即決革命公式HP(https://www.sokketsu-kakumei.com/)

タイムスタンプ導入の電子契約で見積から契約まで現場で完結。受発注業務の効率化や営業利益の増加

  • 交換系リフォームに特化
  • 電子契約で即決率向上
  • 豊富な書類作成機能

図面イメージも提示し
受注単価を上げたい

せきさん係長
せきさん係長公式HPキャプチャ
引用元:せきさん係長公式HP(http://www.sekisankk.com/)

CAD・プレゼンシステムとの連携。図面を基にしたフルリフォーム提案で単価アップを実現。

  • ワンクリックでCAD連携
  • 図面をもとにした提案
  • 過去データからAIが自動積算

オンライン営業に活用し
商談も効率化したい

イエプロ
イエプロ公式HPキャプチャ
引用元:イエプロ公式HP(https://ie-pro.net/reform/index.php)

オンライン営業時にzoom連携。商談情報のクラウド管理でQRコードからプランシートもその場で共有可能

  • zoom連携で商談効率化
  • QCコードで商談情報を共有
  • 商品情報の変更は自動反映

選定条件
「リフォーム見積システム」でgoogle検索で見つかった30社を調査し、CAD連携ソフト数が多数の「せきさん係長」、電子契約が可能な「即決革命」、QRコード発行機能を搭載する「イエプロ」をピックアップ。(2022年2月3日時点)