見積大棟梁

リフォーム専用の見積書作成システム「見積大棟梁」の特徴や機能、導入事例などの情報をまとめました。

見積大棟梁 画像引用元:見積大棟梁公式サイト(https://sanki-tech.jp/lineup/)

見積大棟梁の機能紹介

見積大棟梁は、業務のパターン化により「誰でも簡単に作成できる見積書」を目的に開発されたソフトウェアです。

顧客管理や物件管理などにも対応しており、見積情報との紐づけによって業務の平準化を図れます。

見積書作成機能

タブレット上の画面をタッチしながら見積書を作成できる簡単な仕様で、新入社員やITが苦手な方でも使いこなせるシステムです。営業担当者のスキル向上も期待できます。

また、住設機器などのデータもあらかじめインストールされているため、顧客と一緒に設備を選びながら見積書を作成できることもポイントです。

カラーシミュレーター機能

外装版の見積大棟梁には、外壁イメージの色を変えられるカラーシミュレーターが搭載されています。
お打ち合せ時に活用すれば、顧客にイメージを伝えやすくなり、成約率アップも期待できるでしょう。

業務効率・売上アップを目指している会社におすすめ

見積大棟梁の開発メーカーであるSANKITECH(サンキテック)は、導入後の運用支援にも力を入れている会社です。電話やチャットによる使い方の支援だけでなく、ユーザー向けの定例会も随時実施。

業務効率や売上アップにつながるまで、システムの正しい運用法を定期的に講習してくれます。

見積大棟梁の導入事例・口コミ評判

営業担当者のスキルや工事単価の統一ができた

見積大棟梁は、工務店やリフォーム会社、賃貸管理会社を中心に、建設関連会社で導入されています。

利用者からは「初訪でテストクロージングでき、しかも成功事例が次々に出ています」という声や、「社内単価を統一でき、顧客に自信を持って提案できるようになった」といった声も聞かれるようです。

※参照元:見積大棟梁公式HP(https://sanki-tech.jp/lineup/index.html)

リフォーム見積システムでできること
を詳しく見る

見積大棟梁の料金情報

公式ホームページに料金表は掲載されていないため、問い合わせフォームより見積依頼をしてご確認ください。

見積大棟梁のスペック・仕様

対応デバイス タブレット
対応OS iOS、Android
推奨ブラウザ Safali、Chrome

会社概要

販売会社 株式会社SANKITECH(サンキテック)
本社所在地 〒160-0011
東京都新宿区若葉1-10-11 SK四谷第2ビル
資本金 3,000万円
従業員数 30名
事業内容 ソフトウェアの企画、開発、販売、保守、運用及び管理ほか
公式HP https://sanki-tech.jp/lineup/index.html
電話番号 0120-300-549
リフォーム営業の課題を解決するおすすめリフォーム見積システム3選

その場で契約まで完結し
即決受注を決めたい

即決革命
即決革命公式HPキャプチャ
引用元:即決革命公式HP(https://www.sokketsu-kakumei.com/)

タイムスタンプ導入の電子契約で見積から契約まで現場で完結。受発注業務の効率化や営業利益の増加

  • 交換系リフォームに特化
  • 電子契約で即決率向上
  • 豊富な書類作成機能

図面イメージも提示し
受注単価を上げたい

せきさん係長
せきさん係長公式HPキャプチャ
引用元:せきさん係長公式HP(http://www.sekisankk.com/)

CAD・プレゼンシステムとの連携。図面を基にしたフルリフォーム提案で単価アップを実現。

  • ワンクリックでCAD連携
  • 図面をもとにした提案
  • 過去データからAIが自動積算

オンライン営業に活用し
商談も効率化したい

イエプロ
イエプロ公式HPキャプチャ
引用元:イエプロ公式HP(https://ie-pro.net/reform/index.php)

オンライン営業時にzoom連携。商談情報のクラウド管理でQRコードからプランシートもその場で共有可能

  • zoom連携で商談効率化
  • QCコードで商談情報を共有
  • 商品情報の変更は自動反映

選定条件
「リフォーム見積システム」でgoogle検索で見つかった30社を調査し、CAD連携ソフト数が多数の「せきさん係長」、電子契約が可能な「即決革命」、QRコード発行機能を搭載する「イエプロ」をピックアップ。(2022年2月3日時点)