工務店に営業効率化が求められる理由とは?

工務店に営業効率化が求められる理由

深刻な人手不足の状況であるため

工務店に営業効率化が求められる理由のひとつとして、建設業界の深刻な人手不足が背景にあります。建設業界では人手不足の状況が続いており、2018年度時点での国土交通省からの報告によると、2023年度には210,000人の人材が不足するとされています。

人材不足を軽減するために特定技能外国人などの受け入れも積極的に行っていますが、リフォーム見積システムによって営業効率化がすすめば工務店の業務もよりスムーズに進むようになります。

引用元:【PDF】国土交通省「建設業を巡る最近の状況」
(https://www.mlit.go.jp/common/001268636.pdf)

コスト削減を目指せるため

コスト削減を目指せることも理由のひとつです。工務店での業務や営業をすべて人力で行おうとすると、どうしても人件費が発生します。しかし営業効率化により省人化を進められれば、人手が不要となることに加え、人為的ミスによるトラブルやミス、ロスなどを削減可能です。経費や労力を削減することは、効率的な経営を目指すうえでの基本と言えます。

時代に適した経営が必要であるため

長らく経営を続けてきた工務店では、以前からの業務体制で継続しているところも多いと考えられます。しかし昨今では、さまざまな業界でDX化が進んでいます。工務店はデジタル化への対応率が低いとされていますが、今後、時代に適した経営を行うことは事業継続のためのポイントとなるでしょう。

たとえば紙媒体でデータを保存している場合、情報共有に支障をきたしたり、情報漏洩の可能性があったりします。デジタル化により営業効率が向上すれば、工務店内におけるこれらのリスクも軽減できるようになります。

工務店の営業効率化の手順

紙媒体資料の電子化

工務店で営業効率化をするひとつの方法として、紙媒体資料の自動化があげられます。紙媒体で保存されていた情報・資料をデジタル化することにより、紙資料を保存するための場所も削減でき、資料の検索性も向上されます。

また紙資料は災害などにより紛失されるおそれがありますが、たとえばクラウドに保存されているデジタル資料であれば、災害に遭っても失われることはありません。工務店の営業効率化を目指すなら、まずは紙媒体資料の電子化に取り組んでみてはいかがでしょうか。

デジタルシステムの活用

デジタルシステムの活用も営業効率化における有効な方法と言えます。オンラインツールやシステムの活用によって、情報共有や資料管理、コミュニケーションツールの自動化や顧客管理などが行えるようになり、営業業務・業務効率向上に効果的です。

デジタルシステムを導入すると、それまで人手によって行われてきた業務が簡易化され、より少ない労力で高い効果をあげられるようになります。

クラウドサービスの利用

続いてご紹介する工務店の営業効率化に寄与するシステムは、クラウドサービスの利用についてです。クラウドサービスとは、いつでも、どの端末からでも閲覧したい情報にアクセスできる、インターネット上で展開されるサービスのこと。

クラウドサービスを利用すれば、会社はもちろん、自宅にいてもアクセスしたい情報にすぐにアクセスできます。そのため昨今増えているテレワークでも活用できるほか、見積書や発注書、顧客情報などの各種情報を管理・共有しやすくなり、いつでもどこでもデータベースにアクセスできる利便性が生まれます。

営業効率化が必要な理由や進め方を知っておこう

リフォーム見積システム導入をはじめとする、工務店の営業効率化が必要な理由としては、建設業界における人手不足の状況への対策や、コスト削減、経営状況の向上などがあげられます。工務店の営業効率化を行うには、紙媒体からデジタル化への移行やデジタルシステム・クラウドサービスの利用などの手段が考えられるでしょう。

営業効率化を考えている工務店経営者の方は、今回の記事を参考して、営業効率化が必要とされる理由や具体的な進め方を知って、今後の経営へと活かしてください。

リフォーム営業の課題を解決するおすすめリフォーム見積システム3選

その場で契約まで完結し
即決受注を決めたい

即決革命
即決革命公式HPキャプチャ
引用元:即決革命公式HP(https://www.sokketsu-kakumei.com/)

タイムスタンプ導入の電子契約で見積から契約まで現場で完結。受発注業務の効率化や営業利益の増加

  • 交換系リフォームに特化
  • 電子契約で即決率向上
  • 豊富な書類作成機能

図面イメージも提示し
受注単価を上げたい

せきさん係長
せきさん係長公式HPキャプチャ
引用元:せきさん係長公式HP(http://www.sekisankk.com/)

CAD・プレゼンシステムとの連携。図面を基にしたフルリフォーム提案で単価アップを実現。

  • ワンクリックでCAD連携
  • 図面をもとにした提案
  • 過去データからAIが自動積算

オンライン営業に活用し
商談も効率化したい

イエプロ
イエプロ公式HPキャプチャ
引用元:イエプロ公式HP(https://ie-pro.net/reform/index.php)

オンライン営業時にzoom連携。商談情報のクラウド管理でQRコードからプランシートもその場で共有可能

  • zoom連携で商談効率化
  • QCコードで商談情報を共有
  • 商品情報の変更は自動反映

選定条件
「リフォーム見積システム」でgoogle検索で見つかった30社を調査し、CAD連携ソフト数が多数の「せきさん係長」、電子契約が可能な「即決革命」、QRコード発行機能を搭載する「イエプロ」をピックアップ。(2022年2月3日時点)