工務店の見積書自動化とは?

工務店における見積管理の重要性

見積管理でもっとも重要なポイントは、顧客を待たせないスピーディーな対応です。承認経路でのタイムロスを防ぐためにどのような対策が必要なのか、承認から発行までの経路をじっくり検証しましょう。

また見積管理は、業界の適正価格に沿うためにも重要です。顧客からの受注を得ても、赤字でプロジェクトを完了しては意味がありません。実際には、見積もり段階では利益が期待されていた工事現場が、さまざまな理由により赤字になることは少なくありません。原価を正確に把握せず、勘や経験に頼った見積書の作成が原因です。

したがって、見積管理の過程で、「適切な価格が設定されているか」「必要な資材と労働力の量が適切か」などを確認し、利益を確保する必要があります。

工務店が抱える見積管理の課題

概算見積に時間を割けない

まず小規模な工務店では、「契約に繋がるか不透明な商談」に時間を割けない現実があります。大手企業では工務担当と営業担当が完全に分業できるかもしれませんが、工務店では多くの工事プロジェクトを抱えていても、現場作業と営業を兼務するためです。また契約前に詳細な工事見積書を提供すると、その情報が他の工務店との価格交渉に利用されることを懸念する工務店も存在します。

しかし施主から見ると、これらの理由は理解しがたいものです。最近では、契約自体を部分的に分割し、明確な工事詳細が示された契約を進める「部分契約」のアプローチを採用している工務店も増えています。

見積書の作成が遅くなる

また工務店においては、見積書の遅延につながるケースがあります。工事には多くの外部業者や職人が関与しているため、見積書に含まれる多くの項目に関して、外部業者に対する確認が必要だからです。

概算見積もりの場合、同じ業者を通じて過去に作成した見積もりを元にすることで、スピードを向上させられます。しかし、見積書の情報を適切に保存していない工務店が多い現実もあります。

担当者ごとに見積金額に差異が生じる

そして建設業は多くのデータを参照し、見積もりの作成が複雑であるため、営業担当ごとに価格差が生じやすいです。経験豊富なベテラン営業が作成する見積書は高い精度を持ち、クライアントからの修正要求が少ない一方、新人が作成する場合は見積もりと最終原価に違いが生じ、トラブルに発展する可能性があります。

営業としての経験と個人のスキルが、見積もりの品質に大きな影響を及ぼします。しかしながら、企業として一定の品質で見積もりを提供できなければ、クライアントからの信頼を失うリスクも存在します。

工務店が見積書自動化を行うメリット

一元管理で見積書作成を効率化できる

これまで個別の営業担当者ごとに管理していた見積書を、クラウドベースの自動化システムで統合管理することで、情報の一元管理が可能となります。

見積管理システムでは入力フォーマットが標準化されており、エクセルやワードのテンプレートを作成する手間が不要です。これにより、迅速に見積書を作成できます。さらに過去の入力データを自動的に反映できる機能も提供されており、見積書作成にかかる時間を大幅に削減できます。

また、統一されたフォームを使用することで、社内での見積書のばらつきを排除し、見積書の審査と承認プロセスも効率化されます。

原価割れを防げる

見積管理システムを活用して自動化することで、過去の成功事例や原価情報、利益率を参考にして見積書を作成できます。原価情報や利益率を考慮することにより、原価割れを防げます。原価情報や顧客情報、案件情報を一元管理する機能がある見積管理システムもあり、それにより見積書が原価割れするリスクを軽減できます。

リフォーム営業の課題を解決するおすすめリフォーム見積システム3選

その場で契約まで完結し
即決受注を決めたい

即決革命
即決革命公式HPキャプチャ
引用元:即決革命公式HP(https://www.sokketsu-kakumei.com/)

タイムスタンプ導入の電子契約で見積から契約まで現場で完結。受発注業務の効率化や営業利益の増加

  • 交換系リフォームに特化
  • 電子契約で即決率向上
  • 豊富な書類作成機能

図面イメージも提示し
受注単価を上げたい

せきさん係長
せきさん係長公式HPキャプチャ
引用元:せきさん係長公式HP(http://www.sekisankk.com/)

CAD・プレゼンシステムとの連携。図面を基にしたフルリフォーム提案で単価アップを実現。

  • ワンクリックでCAD連携
  • 図面をもとにした提案
  • 過去データからAIが自動積算

オンライン営業に活用し
商談も効率化したい

イエプロ
イエプロ公式HPキャプチャ
引用元:イエプロ公式HP(https://ie-pro.net/reform/index.php)

オンライン営業時にzoom連携。商談情報のクラウド管理でQRコードからプランシートもその場で共有可能

  • zoom連携で商談効率化
  • QCコードで商談情報を共有
  • 商品情報の変更は自動反映

選定条件
「リフォーム見積システム」でgoogle検索で見つかった30社を調査し、CAD連携ソフト数が多数の「せきさん係長」、電子契約が可能な「即決革命」、QRコード発行機能を搭載する「イエプロ」をピックアップ。(2022年2月3日時点)