工務店の営業効率化

リフォーム見積システムを導入することにより、工務店の営業効率化を図ることが可能です。

工務店の見積書自動化とは?

見積書の自動化により、請求書が自動的に生成され、その後売上が会計システムに自動的に記録されます。見積書の作成だけでなく、他のシステムとの連携により、顧客情報の分析や受注価格の分析など、営業活動に役立つ情報を活用できます。また、会計システムとの連携により、請求書管理や入金管理など、営業事務から経理業務までの一貫した自動化が可能です。

リフォーム見積をエクセル管理するデメリットとは?

エクセルでリフォーム見積もりを管理するデメリットとして、手間と時間がかかること、リアルタイムで共有できないこと、見積情報を一元管理できないこと、自動化やデータベース化が困難なことなどが挙げられます。見積作成には見積価格の割り出し、見積書の作成、見積書の申請・承認、見積書の提出などの作業があります。これらの作業をすべて手作業で行うため、手間と時間がかかるのはもちろん、ミスが発生する可能性も高くなってしまうのです。

またエクセルで見積書を管理してもテキストフォーマットでしかないため、その後の受注処理から会計・請求書発行・入金までの流れを自動化できず、都度て入力する必要があります。一連の作業を自動化できないのは大きなデメリットといえるでしょう。

リフォーム見積ソフトを導入するメリットとは?

リフォーム見積ソフトを導入するメリットとして、作成業務の効率化やデータ管理の効率化、ペーパーレス化、収益の改善などが挙げられます。見積ソフトは特定の情報をデータベースとして保持し、見積書の作成時にそれを自動的に適用できるため、担当者は簡単な手順で見積書を生成することが可能です。例えば商品と価格をデータベースで管理しておけば、商品を選択するだけで、商品名と価格が見積書に自動的に反映されます。また見積書をデータベースに保存することで、類似した案件が生じた場合でも、スムーズに作成できるメリットがあります。

工務店に営業効率化が求められる理由とは?

工務店に営業効率化が求められる理由としては、建設業界の人手不足や無駄な経費や労力を削減できること、時代に合わせた働き方が必要であることなどが挙げられます。工務店の従業員は工事を進めるにあたり膨大な業務を処理しなくてはいけないため、労働時間が長くなりがちです。労働時間が長くなるほど書類の作成ミスや施工不良などによる時間や経費のロスが発生するリスクが高まります。こうした無駄な経費や労力を削減するためにも、営業効率化が必要なのです。

工務店の集客に繋げるWebサイト制作とは?

工務店がWebサイトを制作することによって、営業方法が均一化され、施工事例を掲載することで自社をより魅力的に見せることが可能になります。また24時間365日自動かつ低コストで営業活動を行ってくれるため、広告費や人件費の削減にも役立つでしょう。

工務店のSNS活用について

工務店が営業ツールとして活用したいSNS。XやInstagramなどの大手サービスのほか、新しいサービスも活用できます。情報収集ツールとして利用している人が多いため、新規顧客の獲得や若年層へのアピールが可能です。対面での営業活動やCM・広告による訴求だけではアプローチできない層にも自社の魅力を知ってもらえる可能性があります。自社の方向性や紹介したい内容に合わせてサービスを選び、定期的に発信を行いましょう。

工務店のDXの推進について

工務店の業務は現場が中心になりますが、事務や経理、データ管理といった付帯的な業務も発生します。コア業務に集中しながら、人手不足など2024年問題や原材料費の高騰に対応するためには、経済産業省が推奨するDX(デジタル・トランスフォーメーション)化を進める必要があります。現場にかかる負担を減らし、業務の効率性アップやコストの適正化にも役立てられます。効率化したい業務を中心にデジタル化を進めていきましょう。

工務店のCRM活用について

工務店経営では、現場対応の業務とは別に、顧客とのコミュニケーションや営業先の分析、営業戦略といった業務も重要になります。特に見込み客と呼ばれる将来性のある顧客に対しては、CRM(顧客関係管理)システムを活用して、優先順位を付けてリスト化することで、営業戦略が立てやすいです。連絡先の紛失や分散も予防できるため、CRMを活用して効率的に顧客情報を管理しましょう。

リフォーム営業の課題を解決するおすすめリフォーム見積システム3選

その場で契約まで完結し
即決受注を決めたい

即決革命
即決革命公式HPキャプチャ
引用元:即決革命公式HP(https://www.sokketsu-kakumei.com/)

タイムスタンプ導入の電子契約で見積から契約まで現場で完結。受発注業務の効率化や営業利益の増加

  • 交換系リフォームに特化
  • 電子契約で即決率向上
  • 豊富な書類作成機能

図面イメージも提示し
受注単価を上げたい

せきさん係長
せきさん係長公式HPキャプチャ
引用元:せきさん係長公式HP(http://www.sekisankk.com/)

CAD・プレゼンシステムとの連携。図面を基にしたフルリフォーム提案で単価アップを実現。

  • ワンクリックでCAD連携
  • 図面をもとにした提案
  • 過去データからAIが自動積算

オンライン営業に活用し
商談も効率化したい

イエプロ
イエプロ公式HPキャプチャ
引用元:イエプロ公式HP(https://ie-pro.net/reform/index.php)

オンライン営業時にzoom連携。商談情報のクラウド管理でQRコードからプランシートもその場で共有可能

  • zoom連携で商談効率化
  • QCコードで商談情報を共有
  • 商品情報の変更は自動反映

選定条件
「リフォーム見積システム」でgoogle検索で見つかった30社を調査し、CAD連携ソフト数が多数の「せきさん係長」、電子契約が可能な「即決革命」、QRコード発行機能を搭載する「イエプロ」をピックアップ。(2022年2月3日時点)