工務店のCRM活用について

工務店における営業効率化には、CRM(顧客関係管理)システムが役立ちます。顧客との関係性を重視し、さまざまな情報を管理しながら営業を支援するシステムです。CRMシステムを導入したことがなく、検討にも至っていない場合は、どのような機能をもっているのかイメージができないかもしれません。

そこで本記事では、CRMシステムの基本的な機能を踏まえて、営業効率化に役立つ理由と活用方法を紹介します。CRMを活用して、顧客情報管理と満足度を向上させるサービスを実現させましょう。

工務店の営業効率化のためにCRMシステムが役立つ理由

顧客情報の適正管理

CRMシステムによって顧客の氏名・社名・住所・連絡先のような基本情報に加えて、営業活動の履歴や商談内容なども管理できます。問い合わせが入った場合にはその内容が記録されるため、「どの顧客がいつどのようなニーズで連絡を入れてきたか」を把握しやすく、営業活動を支援してくれます。

工務店は、営業エリア内の住民や企業などの顧客から、建物の修繕やリフォームなどの業務を請け負います。近年では古くなった建物のリノベーションやレトロな雰囲気を活かした活用方法など、ニーズが多様化しています。顧客ごとに状況や要望が異なり、工務店に求めるサービスが多様化しているため、CRMシステムを活用して一人ひとりの顧客に的確なアプローチをかけていくことが大切です。

見込み客や優先順位の確認

CRMシステムには、登録されたデータの中から将来顧客になる可能性のある対象を「リード(見込み客)」として抽出する機能もあります。リード管理はCRMシステムの便利機能のひとつで、問い合わせのみではない顧客も含めて優先順位を付けられます。

CRMシステムで見込み客をピックアップし、興味や関心のある自社の商品・サービスを紹介すれば、対象の属性や要望に合わせた営業戦略が組み立てられます。

工務店の営業効率化のためCRMを活用する方法

顧客情報のリスト化

顧客情報のリスト化とは、自社に問い合わせや来店、あるいはサービスを提供した顧客の情報をCRMに保存して、一覧として管理する方法です。個客情報をリスト化することで、必要なときに顧客の情報を引き出し、営業活動の優先順位が付けられるようになります。

各種データの分析

CRMでは、顧客の属性を一元的に管理できるため、商談や対応済みの内容を詳細に分析して営業に活用できます。「どの顧客が何を求めているのか」「どのようなアプローチをかければリピーターになってもらえるか」といった点まで分析して、営業効率や売上のアップにつなげましょう。

工務店の営業効率化のためにCRMを活用しよう

工務店の業務は多岐にわたり、顧客が求めるニーズも多様化しています。複雑になりやすい情報を集約し、属性や優先度でソート・リストアップする機能を活用して、営業効率化に活かしてみてはいかがでしょうか。

リフォーム営業の課題を解決するおすすめリフォーム見積システム3選

その場で契約まで完結し
即決受注を決めたい

即決革命
即決革命公式HPキャプチャ
引用元:即決革命公式HP(https://www.sokketsu-kakumei.com/)

タイムスタンプ導入の電子契約で見積から契約まで現場で完結。受発注業務の効率化や営業利益の増加

  • 交換系リフォームに特化
  • 電子契約で即決率向上
  • 豊富な書類作成機能

図面イメージも提示し
受注単価を上げたい

せきさん係長
せきさん係長公式HPキャプチャ
引用元:せきさん係長公式HP(http://www.sekisankk.com/)

CAD・プレゼンシステムとの連携。図面を基にしたフルリフォーム提案で単価アップを実現。

  • ワンクリックでCAD連携
  • 図面をもとにした提案
  • 過去データからAIが自動積算

オンライン営業に活用し
商談も効率化したい

イエプロ
イエプロ公式HPキャプチャ
引用元:イエプロ公式HP(https://ie-pro.net/reform/index.php)

オンライン営業時にzoom連携。商談情報のクラウド管理でQRコードからプランシートもその場で共有可能

  • zoom連携で商談効率化
  • QCコードで商談情報を共有
  • 商品情報の変更は自動反映

選定条件
「リフォーム見積システム」でgoogle検索で見つかった30社を調査し、CAD連携ソフト数が多数の「せきさん係長」、電子契約が可能な「即決革命」、QRコード発行機能を搭載する「イエプロ」をピックアップ。(2022年2月3日時点)