リフォーム見積ソフトを導入するメリットとは?

リフォーム見積ソフトを導入するメリット

業務効率の向上が狙える

リフォーム見積ソフトを導入するメリットとして、まずは業務効率の向上が狙えることが挙げられます。リフォーム見積ソフトには多くの機能が搭載されており、過去の取引情報を確認することも容易です。集計も簡単に行えるため、見積作業が効率的になると考えられます。

またソフトを導入すれば見積計算を自動で行えるようになり、見積作業の迅速化も可能です。ソフトを導入することにより、見積関連業務の効率化を図れるようになります。

外出先でも正しい見積もりができるようになる

リフォーム見積ソフトを導入することにより、外出先であっても正しい見積もりができるようになります。

特にクラウドに対応しているソフトであれば、端末に関わらず、インターネット環境さえあれば見積もりができる環境です。外出先で見積もりを算出したいと考えられているなら、リフォーム見積もりソフトの導入が適していると言えます。

誰でも均一な見積もりが可能となる

ベテランの方でも、新しく入社した方でも、見積もりシステムを正しく使えばリフォームの金額を均一に出すことができるようになるのもメリットのひとつです。

一定の計算方法に基づいて算出されるため、社内での見積もりの標準化を目指せます。

リフォーム見積ソフトを導入する際のポイント

使いやすく自社に合ったものを選ぶこと

リフォーム見積もりソフトを導入する際の基本は、使いやすいこと、そして自社に合ったものであることです。まずは自社にとって必要な機能性が搭載されていることは欠かせないポイントとなります。

その上で操作性を確認して、誰でも簡単に使えるものを選んでください。操作性が複雑で使いにくいと、さらに見積もり作業が複雑になったり、使える人が限られてしまったりする恐れが出てきます。

他のソフトとの連携

自社内ですでに他の業務システムを導入しているなら、それらのシステム・ソフトと連携できる見積システムであればさらに利便性が高まります。

もし連携が不可であった場合、ソフトごとに業務が分断されて、むしろ業務効率が下がることもあるため気をつけてください。

サポートが充実していること

サポートが充実していることも重要です。操作性の良いリフォーム見積システムであっても、利用し始めたばかりのときは操作にとまどったり、使い方がわからなかったりすることもあります。またシステムでトラブルが発生することもなきにしもあらずです。その際に頼りになるのがサポートデスクです。

サポートデスクの対応時間や対応内容を確認して、もしわからないことがあったときでも困らないようなシステムを選びましょう。

リフォーム見積ソフトを導入する際のポイント

リフォーム見積ソフトを導入すると、誰でも均一な見積もりが出せるようになるだけでなく、外出先でも正しく算出できたり、見積作業が迅速化されたりと業務効率化を進められるはずです。

選び方のポイントは、自社に合っていて使いやすいものであること、他のシステムとの連携が可能であること、サポートが充実していることの3つです。自社に適したリフォーム見積システムを導入して、見積作業を迅速かつ簡易化させましょう。

リフォーム営業の課題を解決するおすすめリフォーム見積システム3選

その場で契約まで完結し
即決受注を決めたい

即決革命
即決革命公式HPキャプチャ
引用元:即決革命公式HP(https://www.sokketsu-kakumei.com/)

タイムスタンプ導入の電子契約で見積から契約まで現場で完結。受発注業務の効率化や営業利益の増加

  • 交換系リフォームに特化
  • 電子契約で即決率向上
  • 豊富な書類作成機能

図面イメージも提示し
受注単価を上げたい

せきさん係長
せきさん係長公式HPキャプチャ
引用元:せきさん係長公式HP(http://www.sekisankk.com/)

CAD・プレゼンシステムとの連携。図面を基にしたフルリフォーム提案で単価アップを実現。

  • ワンクリックでCAD連携
  • 図面をもとにした提案
  • 過去データからAIが自動積算

オンライン営業に活用し
商談も効率化したい

イエプロ
イエプロ公式HPキャプチャ
引用元:イエプロ公式HP(https://ie-pro.net/reform/index.php)

オンライン営業時にzoom連携。商談情報のクラウド管理でQRコードからプランシートもその場で共有可能

  • zoom連携で商談効率化
  • QCコードで商談情報を共有
  • 商品情報の変更は自動反映

選定条件
「リフォーム見積システム」でgoogle検索で見つかった30社を調査し、CAD連携ソフト数が多数の「せきさん係長」、電子契約が可能な「即決革命」、QRコード発行機能を搭載する「イエプロ」をピックアップ。(2022年2月3日時点)