リフォーム見積をエクセル管理するデメリットとは?

リフォーム見積をエクセルで管理するデメリット

見積管理業務が煩雑になる

Excelを使用して見積もりの管理を行う場合、営業担当者は承認状況や受注状況を把握するために独自の見積もりリストを作成する場合があります。各営業担当者が異なる見積もりフォーマットを使用すると、リストに情報を転記する際に特定の項目がどこに記載されているかがわかりにくくなり、ミスを起こす可能性が高まってしまうでしょう。

また、個人のコンピュータで作業を行い、作成した見積もりリストを共有フォルダやサーバーにアップロードする方法を選択することがあります。この場合、見積もりリストのアップロードを忘れたり、最終データを誤って取り違えたり、誤って上書きしたりするなどのリスクが存在し、業務が複雑になる可能性があるのです。

手作業によるミスが起こる可能性

リフォーム見積をエクセルで管理する場合、手作業によるミスが起こる可能性があります。

例えば、Excelを使用して受注に関連する見積もりデータを共有するリストを作成する場合、営業担当者が見積もりデータを手動でコピーして転記する方法では、データの入力漏れや誤りが発生する可能性があるのです。

元の見積もりデータを自動的に参照する関数を活用すれば、手動入力によるミスを回避できるかもしれません。しかし関数の操作を誤ると、データが正しく反映されない可能性も考えられます。

リフォーム見積をエクセルで管理するメリットはある?

導入時にかかる費用が少ない

Excelは一般的に既存の業務用PCにインストールされているため、新たに購入する必要がありません。また、Excelを使用して作成した見積もりをPDFファイルに変換し、データを送信することによって、紙媒体での見積もり提出に比べてコストを削減できます。

紙媒体や専用の見積もり管理システムを使用する場合、以下のような複数のコストが発生します。

Excelを使用した見積もり管理は、コストパフォーマンスが高い方法といえます。

導入ハードルが低い

見積もり管理専用のシステムを導入するには、以下の課題を解決しなくてはいけません。

既存の業務でExcelを使用している場合、Excelを使用した見積もり管理に抵抗感を感じることは少ないでしょう。Excelを使い慣れている人にとって、Excelでの見積もり管理は導入が容易な方法です。

操作が簡単

Excelは多くの人が日常的に使用しているソフトウェアです。そのため、多くのユーザーがエクセルの基本操作を熟知しており、見積管理においてもすでに使い慣れていることがあります。新たなソフトウェアを学ぶ手間や時間がかからず、導入がスムーズに行えるでしょう。

さらにExcelはカスタマイズ性が高いため、見積管理のニーズに合わせてシートやテンプレートを自由に設計できます。必要に応じて列や行を追加し、計算式を調整することで、特定のプロジェクトに合わせた見積もりを簡単に作成することが可能です。

リフォーム見積をシステム管理して営業効率化を図ろう

リフォーム見積をエクセルで管理するメリットとしては、導入時にかかる費用が少ないこと、導入ハードルが低いこと、操作が簡単なことなどが挙げられます。しかしデメリットとして、見積管理業務が煩雑になることや手作業によるミスが発生する可能性などが挙げられる点には注意が必要です。現場によってはデメリットのほうが大きく感じる場合もあるでしょう。

リフォーム見積をシステム管理することにより、営業効率化を図ることが可能です。

リフォーム営業の課題を解決するおすすめリフォーム見積システム3選

その場で契約まで完結し
即決受注を決めたい

即決革命
即決革命公式HPキャプチャ
引用元:即決革命公式HP(https://www.sokketsu-kakumei.com/)

タイムスタンプ導入の電子契約で見積から契約まで現場で完結。受発注業務の効率化や営業利益の増加

  • 交換系リフォームに特化
  • 電子契約で即決率向上
  • 豊富な書類作成機能

図面イメージも提示し
受注単価を上げたい

せきさん係長
せきさん係長公式HPキャプチャ
引用元:せきさん係長公式HP(http://www.sekisankk.com/)

CAD・プレゼンシステムとの連携。図面を基にしたフルリフォーム提案で単価アップを実現。

  • ワンクリックでCAD連携
  • 図面をもとにした提案
  • 過去データからAIが自動積算

オンライン営業に活用し
商談も効率化したい

イエプロ
イエプロ公式HPキャプチャ
引用元:イエプロ公式HP(https://ie-pro.net/reform/index.php)

オンライン営業時にzoom連携。商談情報のクラウド管理でQRコードからプランシートもその場で共有可能

  • zoom連携で商談効率化
  • QCコードで商談情報を共有
  • 商品情報の変更は自動反映

選定条件
「リフォーム見積システム」でgoogle検索で見つかった30社を調査し、CAD連携ソフト数が多数の「せきさん係長」、電子契約が可能な「即決革命」、QRコード発行機能を搭載する「イエプロ」をピックアップ。(2022年2月3日時点)