工務店のSNS活用について

地域に密着し、家づくりやリフォームを行っている工務店。自社の魅力やサービス内容を知って貰うためには、SNSの利用がおすすめです。

SNSにはいろいろな種類があり、X(旧Twitter)やInstagramなど、工務店の特徴に合わせてSNSを選べるようになりました。

本記事では、工務店がSNSを営業に役立てられる理由や活用のポイントを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

工務店の営業効率化にSNSが役立つ理由

若年層にアプローチできる

長く営業を続けている工務店は、顔なじみの常連客やリピーターとのお付き合いが多く、地域によっては年齢層が高い顧客に偏ることがあります。そのような場合に、SNSを使ったアピールが効果的です。

SNSは10代〜30代の若年層を中心に多くの人が利用しているため、対象を限定せずに発信することで新規顧客の開拓や獲得が期待できるのです。

情報収集ツールとしてSNSを活用している若年層には、自社の強みやお知らせを中心に発信することで興味をもってもらえる可能性があります。

新規顧客の開拓に役立つ

SNSは、需要と供給をマッチングするサービスです。工務店を比較検討している人や興味をもっている人、すぐにサービスを利用したい人へ訴求できます。

「今はまだ家づくりを考えていないけれど、将来的にどこかにお願いしたい」と漠然と考えている方にも訴求効果を与えられます。

広告コストを安く抑えられる

CMやチラシ、公共交通機関内の広告といった媒体はいずれも費用が高額になりやすい点がデメリットです。

一方、SNSはコストを押さえて自社の魅力をPRできます。自社で制作した動画コンテンツや施工事例の写真一覧を直接ユーザーに届けられるため、高額な費用をかける必要がありません。

工務店の営業効率化にSNSを活用する際のポイント

自社に合うSNSを選ぶ

SNSにはXやInstagramをはじめ、国内外でたくさんのサービスが登場しています。

使いやすさやデザイン、メイン利用者層の特徴はSNSごとに異なりますので、自社の方向性や雰囲気、ターゲティングしたい人に合うサービスを選びましょう。

継続運用できるサービスを選ぶ

SNSはリアルタイムに情報が得られるサービスです。一定期間運用が止まってしまうと、ユーザーが不安感を抱く可能性もあるため、定期的に運用できるものを選ぶようにしてください。

コンテンツを作成しておく

サイト・動画コンテンツ・写真ギャラリーなどのコンテンツはSNSの運用前に準備し、SNSと連携したときにすぐ参照できるようにしておきましょう。

工務店の営業効率化のためにSNS活用を検討しよう

SNSを活用した営業は、工務店の売上アップにも役立つ方法です。顧客に直接営業をかけると大きな負担がかかりますが、SNSを利用すれば効率的に見込み顧客と出会えます。

難しいマーケティングの必要はなく、自社の魅力を伝えられる方法のため、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

リフォーム営業の課題を解決するおすすめリフォーム見積システム3選

その場で契約まで完結し
即決受注を決めたい

即決革命
即決革命公式HPキャプチャ
引用元:即決革命公式HP(https://www.sokketsu-kakumei.com/)

タイムスタンプ導入の電子契約で見積から契約まで現場で完結。受発注業務の効率化や営業利益の増加

  • 交換系リフォームに特化
  • 電子契約で即決率向上
  • 豊富な書類作成機能

図面イメージも提示し
受注単価を上げたい

せきさん係長
せきさん係長公式HPキャプチャ
引用元:せきさん係長公式HP(http://www.sekisankk.com/)

CAD・プレゼンシステムとの連携。図面を基にしたフルリフォーム提案で単価アップを実現。

  • ワンクリックでCAD連携
  • 図面をもとにした提案
  • 過去データからAIが自動積算

オンライン営業に活用し
商談も効率化したい

イエプロ
イエプロ公式HPキャプチャ
引用元:イエプロ公式HP(https://ie-pro.net/reform/index.php)

オンライン営業時にzoom連携。商談情報のクラウド管理でQRコードからプランシートもその場で共有可能

  • zoom連携で商談効率化
  • QCコードで商談情報を共有
  • 商品情報の変更は自動反映

選定条件
「リフォーム見積システム」でgoogle検索で見つかった30社を調査し、CAD連携ソフト数が多数の「せきさん係長」、電子契約が可能な「即決革命」、QRコード発行機能を搭載する「イエプロ」をピックアップ。(2022年2月3日時点)