本丸EX

本丸EXは、電気工事や設備工事に特化した工事積算見積システムです。本丸EXの特徴や主要な機能について、まとめてお伝えします。

本丸EX 画像引用元:本丸EX公式サイト(https://www.idsnet.co.jp/solution/honmaru/)

本丸EXの機能紹介

本丸EXは、リフォームのなかでも電気工事や設備取り換えなどの工事に使える工事積算見積システムです。

見積書作成のほかにも、原価管理、案件管理といった機能も備えており、業務の効率化をサポートします。

案件管理機能

管理画面に表示される物件一覧から、担当者別の一覧表や受注予定月別の集計、状況別案件一覧などの帳票を検索できます。

物件ごとに関連するExcelデータや画像、CAD図面なども管理。登録されたファイルを直接開いて確認することも可能です。

シミュレーション機能

シミュレーション機能が充実していることも、本丸EXの特徴です。例えば「分類別シミュレーション」では、定価・原価に対する掛け率や利益率で、原価や見積金額を変更したり、総合計や分類別計の金額を直接入力・変更して明細を一括変更したりすることが可能です。

また、同一資材の単価や歩掛りなどから見積書を確認する「材料別シミュレーション」も標準機能として備わっています。

設備取り換え工事の多いリフォーム会社におすすめ

本丸EXは、電気工事や設備工事に特化したシステムのため、リフォームのなかでも対応できる範囲が限られてきます。

キッチンやトイレなど水まわり設備の取り換えといった、小規模なリフォームが多い会社なら活用したい工事積算見積システムです。

本丸EXの導入事例・口コミ評判

見積情報の共有や材料単価の確認などに貢献

本丸EXの導入企業は、電気工事・設備工事のメーカーが多くを占めますが、建設・リフォーム会社でも実績があります。見積情報の共有や材料単価の見える化などに貢献しているようです。

参照元:石田データサービス公式HP(https://www.idsnet.co.jp/example/mmk_a/)

リフォーム見積システムで
できることを詳しく見る

本丸EXの料金情報

利用環境に合わせてスタンドアロン版(クライアント型)、ネットワーク版(オンプレミス型)、クラウドサービス版の3種類から選べます。利用料金に関しては、公式ホームページより見積依頼のうえご確認ください。

本丸EXのスペック・仕様

対応デバイス PC(CPUはCore i5 3Ghz以上、メモリは8GB以上)
対応OS Windows 11PRO/10PRO/8.1PRO
HDD容量 10GB以上
解像度 1366×768以上推奨

会社概要

販売会社 石田データサービス株式会社
本社所在地 〒730-0853
広島県広島市中区堺町1-7-12
資本金 1,000万円
従業員数 非掲載
事業内容 ソフトウェアの開発・販売
設備業向けシステムの開発・販売ほか
公式HP https://www.idsnet.co.jp/solution/honmaru/
電話番号 050-3161-7985
リフォーム営業の課題を解決するおすすめリフォーム見積システム3選

その場で契約まで完結し
即決受注を決めたい

即決革命
即決革命公式HPキャプチャ
引用元:即決革命公式HP(https://www.sokketsu-kakumei.com/)

タイムスタンプ導入の電子契約で見積から契約まで現場で完結。受発注業務の効率化や営業利益の増加

  • 交換系リフォームに特化
  • 電子契約で即決率向上
  • 豊富な書類作成機能

図面イメージも提示し
受注単価を上げたい

せきさん係長
せきさん係長公式HPキャプチャ
引用元:せきさん係長公式HP(http://www.sekisankk.com/)

CAD・プレゼンシステムとの連携。図面を基にしたフルリフォーム提案で単価アップを実現。

  • ワンクリックでCAD連携
  • 図面をもとにした提案
  • 過去データからAIが自動積算

オンライン営業に活用し
商談も効率化したい

イエプロ
イエプロ公式HPキャプチャ
引用元:イエプロ公式HP(https://ie-pro.net/reform/index.php)

オンライン営業時にzoom連携。商談情報のクラウド管理でQRコードからプランシートもその場で共有可能

  • zoom連携で商談効率化
  • QCコードで商談情報を共有
  • 商品情報の変更は自動反映

選定条件
「リフォーム見積システム」でgoogle検索で見つかった30社を調査し、CAD連携ソフト数が多数の「せきさん係長」、電子契約が可能な「即決革命」、QRコード発行機能を搭載する「イエプロ」をピックアップ。(2022年2月3日時点)